普段、調子の良い時はめったに占いに頼ったりしないのですが、 さんざん悩んでも結果が出なくて八方ふさがりの時は占いに頼ってしまいます。 占いの結果が良ければ、それだけで幸せな気持ちになって心が軽くなるのです。 占いは四柱推命、手相などが多いです。 占いの本で参考にするのは六星占術です。 有名な細木数子先生の本です。 大殺界にあたる3年はとても不安に思いながら過ごしています。 たまたまかもしれませんが、自分でも運気が下がっていて 苦労が多いような気がするのです。 なので、つい六星占術の占い本は購入してしまいます。 以前、原宿で当たると有名な占い師さんに占ってもらったことが あります。 この年に出会う男性が結婚につながる、この年に結婚するといいなどを 具体的に教えてもらいました。 その後、本当に教えてもらった年に結婚する男性と知り合うことができ トントン拍子に結婚が決まりました。 占いで聞いていたから、その年に出会った人が結婚につながったのか よくわかりませんが、占ってもらうと未来に希望が持てるので 占いは好きなほうです。