この任意保険とは強制保険である自賠責保険とは異なり、自賠責保険の範囲内でカバーできない補償が可能になる大事なより充実した保険です。この任意保険については自賠責保険の上乗せ保険という役割で機能しますので自賠責保険でまかなえる支払い限度額を超えた時に機能します。さらに、自賠責保険の中では対物損害に関しては補償が受けられないので、そこのところをカバーする時には入る必要があります。既に任意保険を納付済みの自動車を売却する時は、国内メーカーの自動車や海外の車というようなことは関係なく、残存金額が還付されます。これは国産自動車を処分するケースについても同じことが言えます。自賠責保険の場合は通常かけたままにしておくのが常識になっていますが任意保険は誰もが加入するものではありませんから、中途解約になります。それから任意保険を中途解約したあとは、納付済みの残っているお金が返還されることになります。自動車の売買が決まったからといって即任意保険を中途解約することはリスキーです。当然、早く解約すればその分返ってくるお金は上がりますが、自動車買取店が遠くにあって、自分で持っていくような際は任意保険に入っていない状態で車の運転をするはめになります。万が一のリスクを想定して、必ず今後運転をすることはない状況になるまでは保険の解除手続きはされないようにしてください。車を手放して、すぐに新しい自動車に乗り換える場合であれば問題ないですが仮に長い間車に乗らないような状況が継続して保険に加入している必要がなくなってしまったら任意保険に入っていない期間があると、過去に入っていた時の等級が下がるので保険料の額が増額されます。そういった状況では「中断証明書」というものを提示してもらうようにしましょう。この「中断証明書」があることで一定期間、契約解除前の等級を引き継ぐことができるのです。それから、13ヶ月以内は発行してもらうことが可能ですのでもしもう愛車を売却済みで「中断証明書」というものを発行してもらっていないのであれば保険会社や代理店に中断証明書を発行していないことを伝えたほうがいいと思います。自分が新しくクルマを購入して、それから前に保有していたクルマを処分依頼するのでしたら任意保険は一方のみのです。任意保険の切り替えということですから、乗らなければなれない車であれば買取まで注意が必要です。また任意保険というのは車両次第で保険料が少し異なってきますので引き取りの際は任意保険の内容を検討してみるチャンスでもあります。