プロゴルフのシーズンはそろそろ終わりに近づきましたね。 この時期毎年話題に上がるのが、賞金王争いです。 今年の賞金王争いは、いつもの年とちょっと違います。 なぜなら、あの松山英樹が賞金王になりそうだからです。 ただの賞金王ではありません。 史上初 ルーキー賞金王なるか!? なのです。 現在の男子ゴルフ賞金ランキングは、 1位 松山英樹 約1億6107万円 2位 金 享成 約1億1812万円 1位と2位の差は、約4300万円です。 これだけみても、賞金王は松山英樹でほぼ間違いなしって感じですね。 しかも、今週のカシワワールドオープンは、3日目まで松山の単独トップです。 2位と2打差なのでまだ油断はできませんが、仮に優勝を逃しても上位に入るでしょうから、今週の成績でほぼ決まりって感じですね。 松山がもし史上初のルーキー賞金王になったとしても、松山にとって「史上初」は、今回が初めてではありません。 アマチュアゴルファーとして、史上初のマスターズ出場権を獲得しているのです。 確かに、東北福祉大のアマチュアゴルファーとして、テレビによく出ていましたよね。 そのせいで、ルーキーといわれると、ちょっと意外な感じもするくらいです。 プロ転向後も活躍を続ける松山は本当に凄い! 私は松山英樹21歳を応援しています!